国内ニュース

千葉台風被害 | ゴルフ場「自然災害なので鉄柱の撤去以外の補償は一切しない」 | ブルーシート屋根にかけるだけで18万円

ゴルフ場「自然災害なので鉄柱の撤去以外の補償は一切しない」

台風15号が関東に上陸し、記録的強風による被害をもたらしてから15日で7日目を迎えた。千葉県内ではなお10万戸が停電し、16日にかけて再び激しい雨の恐れもある。「これからどうしたらいいのか」。生活再建の道筋はまだ見えず、家を破壊されたままの住民は悲嘆にくれた。

住宅を押しつぶした鉄柱がそのまま残る。強風でネットなどが倒れた千葉県市原市のゴルフ練習場の周りは、15日も倒れた鉄柱をかがんでくぐり抜けながら住民が後片付けに追われていた。

細野実さん(62)の自宅は鉄柱が2階の屋根を突き破った。2階寝室で就寝中だった妻、容子さん(57)は「少しでもずれていたら即死だった。どうやって部屋を出たのか覚えていない」と振り返る。

天井の穴から雨が降り注ぎ、1階の畳は今も湿ったままだ。16年前に土地を探し回って建てた思い入れのある家は、長く住むつもりで昨年に200万円以上かけてリフォームした。実さんは「もう住めない」と肩を落とす。14日にゴルフ練習場側から連絡があり「自然災害なので鉄柱の撤去以外の補償は一切しない」と説明があったという。

住宅を押しつぶした鉄柱がそのまま残る。強風でネットなどが倒れた千葉県市原市のゴルフ練習場の周りは、15日も倒れた鉄柱をかがんでくぐり抜けながら住民が後片付けに追われていた。

細野実さん(62)の自宅は鉄柱が2階の屋根を突き破った。2階寝室で就寝中だった妻、容子さん(57)は「少しでもずれていたら即死だった。どうやって部屋を出たのか覚えていない」と振り返る。

天井の穴から雨が降り注ぎ、1階の畳は今も湿ったままだ。16年前に土地を探し回って建てた思い入れのある家は、長く住むつもりで昨年に200万円以上かけてリフォームした。実さんは「もう住めない」と肩を落とす。14日にゴルフ練習場側から連絡があり「自然災害なので鉄柱の撤去以外の補償は一切しない」と説明があったという。

近所に家族4人で暮らす小林知子さん(49)は、車が鉄柱の下敷きになって大破した。「販売店から修理に100万円以上かかると言われて諦めた」

市内の夫の実家に避難し、車を借りて子どもの通学の送り迎えをしているが「それだけで毎日1時間以上かかる」と負担は大きい。小林さんは「この1週間で生活が急に変わって心がついていけない。補償の説明がなく、安全に暮らせるまでどうすればいいのかわからない」と目に涙を浮かべた。

ブルーシート屋根にかけるだけで18万円

小倉智昭氏、千葉被災地狙う悪徳業者に怒り ブルーシート養生で18万円「「困っている人の足下を見て詐欺まがいのことをやるなんて許せない」

17日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、台風15号の影響で大きな被害が出た千葉県内で、被災者を狙う悪徳業者について特集した。

番組では屋根にブルーシートをガムテープで貼り付け、約18万円を請求されたことや、「保険が適用される」など被災者を狙う詐欺まがいの行為を紹介。

まとめ

家を建てるとき、移住するときは
ほんと気をつけないといけない。