海外ニュース

韓国 | 日本企業「戦犯」ステッカー条例可決 | IOCに東京五輪で「ナチスのハーケンクロイツと同様の旭日旗禁止」要請書簡提出

日本企業「戦犯」ステッカー条例

韓国の京畿道議会は、道内の各学校が保有する特定の日本企業の製品に「戦犯企業」のステッカーを貼ることを公認する条例を可決した。

まとめ

子供に責任押し付けるのはよくないでしょ。
世界中の国々は前に向いて必死に進んでいるのに、過去のことをいつまでも言ってても国として前に進めないのではないでしょうか。

IOCに東京五輪で「ナチスのハーケンクロイツと同様の旭日旗禁止」要請書簡提出

韓国の文化体育観光省は11日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に書簡を送り、東京五輪・パラリンピック組織委員会が旭日旗の競技場への持ち込みを禁止しない方針を示したことに「深い失望と憂慮」を表明し、「旭日旗使用の不当性を説明し使用禁止措置を要請した」と発表した。

朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光の名義で送られた書簡では、旭日旗が「日本帝国主義のアジア侵略戦争時に使われた日本軍の旗で、現在も日本国内で極右団体の外国人に対する差別や嫌悪の集会などに使用されている」と説明している。

また、「ナチスのハーケンクロイツ(鉤十字)が第二次大戦の悪夢を思い出させるように、旭日旗は日本の侵略を受けた韓国や中国、東南アジアなどに歴史の傷を想起させる明白な政治的象徴だ」と指摘。国際サッカー連盟(FIFA)も旭日旗使用を禁止していると主張した。

韓国の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大学校教授が今回はトーマス・バッハIOC委員長をはじめ、205か国(韓国を除く)IOC委員らに「東京オリンピックで旭日旗の応援は絶対してはいけない」とのメールを送ったと11日、明らかにした。徐教授は「日本の旭日旗は、過去のナチスの“ハーケンクロイツ”のような戦犯旗であることを強調した。特に旭日旗がどのような旗なのかに対する映像も添付した」と伝えた。

まとめ

オリンピックは政治を持ち込む場所ではありません。
平和の祭典です。
こんなことを繰り返していたら世界中から距離を置かれてしまいますよ。

日章旗とハーケンクロイツについて

江戸時代からある旭日旗がナチスのハーケンクロイツと同様ではありません。
それで例えるのならば、旭日旗=鉄十字となります。
歴史をきちんと学んでから、相手国に対して異議をとなえましょう。