ニュース

韓国 | 文在寅大統領がチョ・グク氏を法相に強行任命

文在寅大統領がチョ・グク氏を法相に強行任命

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が側近であるチョ・グク氏の法相任命を強行しました。不正疑惑の渦中にあるチョ氏の任命には強い反発が予想されます。

韓国大統領府は9日午前、文在寅大統領がチョ・グク氏を法相に任命したと発表しました。文大統領は、目玉政策の一つである「検察改革」の推進にはチョ氏が適任との考えを貫いていて、チョ氏が6日の「人事聴聞会」で14時間にわたり不正疑惑を否定したことで、説明責任は果たされたと判断したものとみられます。これに対し、野党は早速、非難声明を出すなどして強く反発しています。

また、6日にチョ氏の妻を私文書偽造の疑いで在宅起訴した韓国の検察は9日、家族ぐるみの不透明な投資をめぐって投資ファンド代表ら2人の逮捕状を請求。チョ氏が就任してからも混乱が予想されます。