海外ニュース

韓国GSOMIA破棄問題 | トランプ大統領「韓国の態度はひどい。賢くない。」 | アメリカが激怒「韓国の方針に強い懸念と失望」 | 韓国「ホワイト国除外をやめればGSOMIAを再検討」

トランプ大統領「韓国の態度はひどい。賢くない。」

先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)初日の24日夜(日本時間25日午前)の外交安全保障に関する討議で、トランプ米大統領が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を批判していたことがわかった。

複数の政府関係者が明らかにした。米国の再三の要請にもかかわらず、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したことや、いわゆる徴用工問題など、韓国の不誠実な対応が背景にあるとみられる。

「韓国の態度はひどい。賢くない。彼らは金正恩(キム・ジョンウン)(朝鮮労働党委員長)になめられている」

イラン情勢に関する議論が終わった直後、トランプ氏は突然、安倍晋三首相をみながら韓国を批判した。首相は韓国には一切言及せず、笑みを浮かべただけだったという。トランプ氏は「金氏は文氏を信用できないと言っている」とも述べた。

トランプ「文在寅という人は信用できない」「なんであんな人が大統領に?」

トランプ氏が文大統領を批判したのは、フランスで開かれているG7(主要7カ国)首脳会議の初日の夜で、首脳らが外交安全保障に関する議論をしている最中に、「文在寅という人は信用できない」などと切り出したという。

政府関係者によると、トランプ氏はさらに、「金正恩(キム・ジョンウン)は、『文大統領はウソをつく人だ』と俺に言ったんだ」と重ねて批判したという。

そして、トランプ氏は、2日目の夜に行われた夕食会でも、文大統領について、「なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」と疑問を投げかけ、同席した首脳らが、驚いた表情をする場面もあったという。

アメリカが激怒「韓国の方針に強い懸念と失望」

米政府が異例の表明「韓国の方針に強い懸念と失望」

韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めたと発表したことについて、アメリカ政府は韓国政府に対し、強い懸念と失望を表明しました。アメリカが同盟国に対し強い失望を表明するのは極めて異例です。

韓国政府は22日、軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」について、延長せずに破棄することを決めたと発表しました。

これを受け、アメリカ国防総省は22日、「韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権が日本とのGSOMIAを延長しない方針を示したことに強い懸念と失望を表明する」とする声明を発表しました。

韓国が日韓の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めたと発表したことについて、アメリカ国務省の広報担当者は22日、NHKに対し「韓国政府の選択に非常に失望している」とするコメントを出しました。

この中で担当者は「アメリカはムン政権に対して、破棄を決めれば、アメリカと同盟国の安全保障上の利益に悪影響を及ぼし、北東アジアの安全保障問題の深刻さに対するムン政権の大いなる思い違いを知らしめることになると繰り返し伝えてきた」と述べ、韓国の決定を批判しました。

韓国「ホワイト国除外をやめればGSOMIAを再検討」

韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は26日、国会予算決算特別委員会で、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めたことについて、「終了決定が効力を発揮するのは11月23日」とした上で、「(対韓輸出規制など)日本の不当な措置が元に戻れば、わが政府もGSOMIAを再検討する方式が望ましい」との認識を示した。

韓国軍、武装して島根県へ侵攻

韓国軍が竹島防衛訓練に突入、規模拡大し名称も変更

韓国海軍は25日、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の防衛を想定した合同訓練を25日に始めたと明らかにした。26日まで実施する。韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定して間もないだけに、安全保障に絡んだ日本とのさらなる確執は避けられない。

規模が例年のほぼ倍に拡大された上、名称も「独島(トクト=竹島の韓国名)防衛訓練」から日本海の韓国名を冠した「東海(トンヘ)領土守護訓練」に変更された。日本の輸出管理厳格化に対する事実上の報復の側面は拭えない。

 日本政府は「竹島は日本固有の領土。訓練は到底受け入れられず、極めて遺憾だ」として外交ルートを通じて中止を強く要求した。

訓練には、海軍や海洋警察の艦艇約10隻や戦闘機F15Kなど陸海空軍の航空機10機が参加。今回はイージス駆逐艦「世(セ)宗(ジョン)大(デ)王(ワン)」も初投入された。訓練の名称変更について、韓国軍関係者は「特定地域だけでなく、東海のわれわれの領土を全て守るという意味が込められている」と説明した。

 

蓮舫氏がGSOMIA破棄についてコメント

韓国政府の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求めます。

アメリカ政府が異例な抗議を表明するも当然のことと思います。

韓国 GSOMIA破棄を正式決定し外務省に通知

GSOMIA 韓国側から協定破棄の通告
外務省によりますと、日本と韓国の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」について、韓国側から、破棄するとの通告を正式に受けたということです。これによって協定は11月下旬に、発効から僅か3年で効力を失うことになります。

北朝鮮がミサイルを発射

政府は、北朝鮮から弾道ミサイルが発射されたものとみられると発表しました。そのうえで「わが国領域には飛来せず、また、わが国排他的経済水域内にも落下しないものとみられる」としています。

北朝鮮による飛しょう体の発射は、韓国が日韓の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を日本側に正式に通告して以降、初めてで、日韓の対立が深刻化するなか、北朝鮮が日米韓3か国の連携に揺さぶりをかけるねらいがあるとみられます。

韓国が日本にやってきたことのまとめ

文在寅政権下で起こったこと
・慰安婦合意を反故
・癒し財団解散
・慰安婦像を世界各地に立像
・戦時募集工問題で日韓請求権協定違反
・自衛隊哨戒機にレーダ照射で日本を敵国扱い
・自衛艦旗(旭日旗)拒否という非礼
・韓国国会議長による天皇陛下への侮辱発言・謝罪要求
・GSOMIA破棄

輸出規制の問題とか、冷静になって考えてみると、別に一切売らないと行っているのではなくて、輸入する際に用途をしっかりと示してくださいね!といっているだけなんだよね。
なぜ、あんなにもパニックになるのかがわからないです。

もう、お互いが後に引けなくなってしまっているだけのような気もするし…
ただ、韓国には韓国の言い分があるんでしょうけども、日本には日本なりのきちんとした理由があるのでもう粛々と進められていくだけなんでしょうね。

まずは冷静になって話し合う場が必要となってくると思います。